映画『イエスタデイ』はザ・ビートルズの広告塔?観ていられない薄っぺらいストーリーの評価とネタバレあり感想

イエスタデイ


監督:ダニー・ボイル
出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン 他
言語:英語
リリース年:2019
評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

Yesterday(2019) ©Universal Pictures『参照:https://www.imdb.com


スポンサーリンク


~”共感?ザ・ビートルズの凄さ?どーでも良いんだよ、ストーリーとかいーから、ザ・ビートルズをドルビー・アトモスで聴けりゃよ!と思う方にしかお勧めしません”~
~”ヒメーシュ・パテルは良く歌うし、リリー・ジェームズはチャーミングそのものだけど、ボイル監督、こんなにドキドキしない恋愛物語はなかなか久しぶりだよ”~

もくじ


あらすじ

イギリスの小さな海辺の町に住むジャック
幼馴染のエリーに支えられてシンガー・ソングライターとして活動しているが全く売れず、夢を諦めかけていた
ある日、世界規模で瞬間的な停電が起こる
その時ジャックは交通事故に遭い、昏睡状態に
そして目を覚ますと、世界にザ・ビートルズが存在しなくなっていた
彼らの名曲を覚えているのは世界でジャックだけの様子
ザ・ビートルズの曲を利用して成り上がろうとするジャックだが・・・


レビュー

初めて聴く曲。キャッチーなイントロに身体を揺らし、コーラスへ近付くに連れて高まる期待。そして聴かせどころに差し掛かると、イントロで覚えた興奮とは対照的に昂りは落ち込み、可も無く不可も無くとしか言えない曲調に変わり、少々落胆して早送りしてしまう。そんな経験は誰しもあるはず。

ビートルズが存在しない世界を描く『イエスタデイ』は同じ様に、イントロを聴いて期待した程でも無い残念な中身を曝け出してしまう作品でした。

万葉や短歌が流行っていた時代にタイムスリップして、エレキギターが唸るポップソングを聴かせたら私もスターになれるだろうか。ハードロックやヘビーメタルに没頭していた中学時代、斬新でキャッチーな現代の音楽を聴いて十二単や直衣を着た当時の人々が、目から鱗を落として熱狂してくれる様子を妄想した事があります。古代の人間に未来を見せる様な、幼稚だけれども心を擽られる”もしも”の物語は想像を掻き立てて止みません。

目新しい発想ではありませんが、世界の音楽シーンに多大なインパクトを与え、与え続けているザ・ビートルズが居ない世界を舞台にしたストーリーは、その世界設定だけでも面白く無いはずが無いと期待していたものの、残念ながら映画作りはそこまで単純では無い事を改めて痛感。

ヒメーシュ・パテル演じるジャック・マリックはミュージシャンになる夢を10年間追い掛けて来た青年。しかし、日々バーのBGMや小さな舞台での演奏依頼しか無く、いずれも真剣に聴いてくれるのはジャックの才能を認めて已まない幼馴染兼マネージャーのエリーと数人の友人のみ。エリーは意気消沈するジャックを励ましますが、ジャックは己の夢と才能に疑念を抱いてミュージシャンを諦めて定職に就く事を考え始めます。そんな折、世界規模で突如発生した原因不明の停電によって暫しの混乱に見舞われた後、ザ・ビートルズ無き奇妙な世界に迷い込んだジャック。検索エンジンに如何なるキーワードを含めても、ザ・ビートルズに纏わる情報は存在せず、ザ・ビートルズのレコードも失われている。パニックに陥るも勝機と捉えたジャックは迷いながらもザ・ビートルズのヒット曲を自作した事にして披露。ジャックは己が知る名曲が死なぬ様に、ザ・ビートルズの曲を次々と世界を送り出して瞬く間に世界的なアーティストへと昇り詰めます。

『イエスタデイ』の脚本を担当したリチャード・カーティスは、ザ・ビートルズが存在しない世界を堪能する様に、ザ・ビートルズを知らない人々がそのバンド名や代表曲の名に怪訝な表情を浮かべる様子を随所に鏤めており、”もしも”へのリアクションを楽しめる事は1つのポイント。


映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
ザ・ビートルズの名曲を利用してあれよあれよと音楽界のトップスター入りを果たすジャック


出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com

昨今はカフェやレストランのBGMとして聴き慣れたザ・ビートルズですが、その名曲を初めて聴いた時のリアクションもリフレッシングなだけで無く、当時一世を風靡したインパクトにも再注目させられます。改めて耳を傾けてみると、確かに繊細で美しいメロディが暫く脳裏から離れません。

関連記事
感動の忠犬物語?映画『僕のワンダフル・ジャーニー』のあらすじと感想!評価ポイントはやっぱり可愛いらしさ

『イエスタデイ』の世界が生まれた不思議な停電の理由は明かされませんし、何が起こったのかも作中では全く取り上げられませんがラブロマンスとコメディ映画としては不要な側面。その点はスマートですが、一方でジャックの行動は一見理解出来る様で不自然でもあります。コカ・コーラもザ・ビートルズと共に消え去った事を知ったジャックですが、彼のフォーカスは始終ザ・ビートルズの名曲を再現する事にありました。

ザ・ビートルズとコカ・コーラ以外にも何が消えて、その情報をどの様に活用出来そうかギターを一旦置いて頂いて模索する事は考えても良さそうですが。10年間スターダムを追い求めたミュージシャンとして、無論理解出来る行為ですが、偶然消え去った存在の数々を知って目を見開くのでは無くて、新たな発見に期待を寄せて摩訶不思議な世界を探索してみたい衝動に駆られない事は、考えてみると不可解と言えば良いのか、ザ・ビートルズの名声を横取りする発想は短絡的にも思えてしまいました。

映像面では特筆すべきポイントは無く、ライブの演出にも事新しい側面は無いので演奏シーンが観られる作品として残念ではあります。

記憶に刻まれる作品はスマートだったり、ディテールへの配慮や細かな描写にも思考の爪痕が残っている事が殆ど。その点、『イエスタデイ』は”もしも”の世界を単に茶化して自由に遊び回る様なニュアンスが強く、深堀る事をしないので折角の”もしも”に広がりが無くて私が幼稚と表現した妄想程度の物語しか描けていません。


映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
考えてみれば様々なものが消えている異常事態の中、冷静に成功の事しか考えていないのは良く分からない


出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com

一方でマッカートニーを思わせる歌声を持つパテルの演奏は観ても聴いても苦しい事は無く、数々の名曲も忠実に模倣するのでは無くてパテル自身のアプローチが効いています。ザ・ビートルズの『ヘルプ!』を演奏している場面では、ジャックの両肩に積み上がる名声と期待が齎すプレッシャーから悲鳴を上げる様に歌い上げていて、背徳感と募る名声に苦悩している心境が伝わり、助けを求めている様にも思えるパフォーマンスです。

差し詰め、『イエスタデイ』には多くを求めるべきで無く、パテルとリリー・ジェームズが最善を尽くした事に異論はありませんが、興味深い世界と設定に見合う興味深いストーリーやラストは期待しない方が良い作品です。ザ・ビートルズの音楽を聴きたい、そして陳腐なラブストーリーを久しく観ていない方にならお勧め出来る映画ですが、いずれにしても真面目に観ない程度が丁度良い温度感です。

映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
スカイ君
中盤から最後にかけての失速はなー、観ていてちと辛いってか、まぁ面白く無かったな
映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
モカ君
音楽は楽しかったけどね、ザ・ビートルズってこんな良い曲出してたんだって改めて思ったし!あと、あの人が登場したのは-
映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
スカイ君
おーっと、お前気を付けろよネタバレに触れそうだぞ!いやまぁ凄い捻りがある話でも無いんだがな、個人的にはラストの締め方は完全に納得してないし。そんな訳だ、ネタバレを避けたい人はここまで!ネタバレありで感想を書いていくぞ
“もしも”の世界が狭い!ザ・ビートルズが消えた影響って本当にそれだけだと思う?

『イエスタデイ』は、その世界設定から受けられたであろう恩恵を無下にも持て余してしまう点が、観ていて不満でした。ジャックがザ・ビートルズに成り代わる流れも途中から足踏みを始めて、主な焦点はエリーとの恋仲へとシフトしてしまいます。

世界的なスターと言っても過言では無いアイコンとなったジャックは、地元で教師を続けるエリーと身も心も離れ始め、今後の関係性を互いに悩む様子が描かれますが、在り来たりなだけで無く、このストーリーの最大の問題はジャックが手にした名声とステータスは一切彼に与えられるべきは無いこと。運命的と表現するよりも一夜にして不正に得たザ・ビートルズ級のポジションと、ジャックを10年間慕い、寄り添って支えてくれた女性の想いとどちらを選ぶべきかと問われても、答えは一目瞭然です。モラルに欠けたシナリオと迷いに緊迫感や共感など生まれません。

幸いにもジャックが罪悪感を感じている事や、パテルがチャーミングなナイスガイを思わせる雰囲気を纏っている事が救いですが、如何せんスポットライトをフルに当てるべきサイドストーリーでは無い。

ジャックの浅慮の行動が早くも行き止まりになり、エリーとの恋物語を描く以外に無いならば、ザ・ビートルズが消え去った新たな世界の隅々まで冒険した方が幾らか面白くて印象深い作品になったはずです。『イエスタデイ』はジョン・レノンやポール・マッカートニーに代わるジャックが結果的にザ・ビートルズが存在するのと同じ世界へと導いている事を示唆しますが、この”もしも”はそこまで単純では無い。ザ・ビートルズにインスパイアされたバンドやミュージシャンはどの様に変わったのか、バンドに纏わるアートや事件、それに関連する人々の人生はどの様に影響を受けたのか。


映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
次第に他にもザ・ビートルズを知る者が居るのでは無いかと疑い、不安を募らせるジャック

出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com

世界にザ・ビートルズが存在しなかったらどうなるのか。『イエスタデイ』は問うだけ問うて、結局答えを持っていない。

そしてジャックが己の名声とエゴを満たす動機は差し置いて、ザ・ビートルズの名曲と傑作を絶えさせぬ様に世界へ広める努力はいとも簡単に受け入れられ、誰もが注目する一流アーティストへと昇華させますが、少し考えてみればそうは行かない。名作と言っても時代背景や文化、ストーリーが複雑に絡み合って1つの作品が出来上がります。現代にモーツァルトが蘇って、その天才的な手腕を振るっても、クラシック界で話題になるかも知れませんがグローバルでチャートの首位にランキングするアイコニックなミュージシャンにはならない。私の幼稚な妄想の様に、平安時代にニッキー・ミナージュやエリー・ゴールディングを連れて行っても日本はおろか、世界的なヒットになるとは考え難い。現代にザ・ビートルズの美しい旋律を放っても『イエスタデイ』で描かれる様な現象は起きないと言っても良いです。

ザ・ビートルズが現代でも聴かれているのは、50年程前に登場した当時の思い出や、これまでの歴史の中で培われた意味や価値があるからこそで、アーティストとしての成功は運が左右する面も大きい。適した時代の適した人々に適した歌や作品を適したメンバーが放った。ジョン・レノン、リンゴ・スター、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンの4人で無ければ有り得なかったのです。そのシナジーの爆発的な威力の余波が続いているに過ぎません。

関連記事
『ベイビー・ドライバー』は久しく心底楽しめたクライム・アクション映画!ネタバレありで観どころを紹介

関連記事
原作著トルーマン・カポーテ、『ティファニーで朝食を』はストーリーよりもオードリー・ヘップバーンの演技が光る名作映画

ジャックがザ・ビートルズの曲を全く変えず(『ヘイ・ジュード』が『ヘイ・デュード』になった程度)、一路順風にスターダムへと到達したのは何ら面白く無い


映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
エリーとも離れて誰もが認める大スターとなるジャックだが、ザ・ビートルズが今蘇ったところでここまでなるだろうか


出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com

その証拠にザ・ビートルズが消え去る前に、ジャックがザ・ビートルズの曲を演奏しても観客は1人たりとも振り返る事がありませんでした。単に聴いた事があるからでは無くて、現代にザ・ビートルズが蘇ってもコアなファンを除けば大衆へのインパクトは殆ど無い事を示唆しています。ザ・ビートルズの素晴らしさを知らない、それ以前に概念として持っていない世界に突如ザ・ビートルズに代わる者が現れたら何が起こるか、『イエスタデイ』は殆ど現実的に考えていません。

リアリティの弱さと言えば、細かいですがジャックがザ・ビートルズの全曲のコードやリフ、ドラムスのフィルまで憶えている点も1つ。歌詞を思い出せずに四苦八苦するコミカルなシーンはありますが、ミュージシャンとは言え、全て忠実に憶えているとなるとコピー・バンドで無ければ驚異的。

こうした思慮に欠ける物語が映し出される中で延々とザ・ビートルズの曲を流されると、若年層向けのザ・ビートルズ離れを抑止する広告的な毛色が強く際立つ作品だと感じざるを得ません。

必要なキャラクター・ビルディングも無いし、ザ・ビートルズの音楽でそれっぽい雰囲気を出したかっただけでしょ?

そして『イエスタデイ』のフォーカスは殆どジャックにありつつも、そのラストには首を傾げてしまいました。

ストーリーを通じて何を学び、どの様に成長したのかが描かれていない点は私としては致命的。フォーカスがアクションやグロテスクな描写にある様な映画と異なり、ジャックが起点となって展開するヒューマン・ドラマの側面が色濃いのにジャックも彼を取り巻くキャラクターも一本調子で退屈でした。恰も歴史的な名声と愛の選択を迫られたラストで真実を世間に打ち明け、エリーと結ばれる事で人間的な成長を経た美談の様な構図が出来上がりそうですが、既に述べた通り本来はジャックが手にするべきでは無い名声とエリーを天秤に掛けられても鼻白んでしまうだけです。

ザ・ビートルズの名声と富を手放すなどモラルがあれば当然で、その選択をしたジャックの心境に共感するエッセンスは全く無い。ジャックは何も学ぶ事も成長する事も無く、ラストも苦難の果てに掴んだ幸福とも言えない。再び売れないミュージシャンに戻り、日銭を稼ぐ為の定職を淡々と熟す日々に戻っただけで、ミュージシャンとしてザ・ビートルズにインスパイアされたり夢を叶える為の糸口を見出した様子も無く、単純に各国でザ・ビートルズの曲を演奏し尽くしたに過ぎない。

ジャックが夢見た生活でも無ければ、心変わりして平凡な日々に満足している様子も特に無い。

この上辺だけのストーリーに相応しい、上辺だけのザ・ビートルズの使い方も考えてみると少々腹立たしい。


映画『イエスタデイ』の評価とネタバレあり感想
応援したくなるカップルに違い無いが、ジャックが迷っている理由はあまり感心出来ない


出典:”Yesterday(2019) ©Universal Pictures”『参照:https://www.imdb.com

止め処無くザ・ビートルズの曲を流している中でも、ザ・ビートルズを知らない者に勧めるであろうベスト盤に収録されていそうなナンバーばかりである事が1つ。もう1つは耳に聴こえてくる音色こそ美しいものの、何故ザ・ビートルズがワールドワイドで偉大なバンドとして人々を熱狂させたのかが一切伝わりませんでした。『イエスタデイ』は、ザ・ビートルズの楽曲をパイ投げの如くオーディエンスに投げつけますが、本質的な価値には触れない。ザ・ビートルズを知らない者に、偉大である理由を感じさせる余地を与えてくれない。

ブランドには必ずストーリーが存在し、その歴史や物語が紡ぐ情緒的な価値や、物質的な商品であれば品質的な価値へと繋がります。私は詳しくありませんが、ザ・ビートルズにも同じ様に解釈は異なっても価値の根拠が必ずあったはずです。4人が創り出した世界に触れるべきなのに、何故耳に触れる、最も分かり易い音色にしか着目しないのか。

『イエスタデイ』で聴くザ・ビートルズにはストーリーも物語も感じない。

ケイト・マッキノン演じるピラニアの如く金銭を貪るマネージャー、デブラの様に『イエスタデイ』もボイル監督も、ザ・ビートルズのポピュラリティに肖って一儲けしたいだけの様に思えて複雑な心境になりました。『イエスタデイ』はザ・ビートルズを中心としたポップなカラオケを楽しむ作品でしか無く、パンチの弱い笑いどころは随所にありますが、驚く程退屈な時間が多いので鑑賞をお勧め出来ない映画です。

鑑賞するとしたら、寧ろ音響設備が良い劇場で観れば何割か増して楽しめるかも知れませんが、2度以上鑑賞する価値は無いと思いました。


この映画を観られるサイト

『イエスタデイ』は全国の映画館で10月11日から上映予定!

劇場で観た方が臨場感で多少は中身の薄さが誤魔化せる気もするので、折角なら映画館へ是非足を運んで、良かったらコメントなどください!

まとめ

ザ・ビートルズに詳しく無い私の様な素人が考えた様なストーリー。その成功とインパクトの本質を語れない人が、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)を模して映画を言い訳にザ・ビートルズをプロモーションする為に作った映画が『イエスタデイ』です。

キャスティングこそ救いですが、それだけでは映画は成り立ちません。

コアとなるストーリーが無く、メッセージも輪郭が霞んで、あるのか無いのかも分からない『イエスタデイ』は評価出来ませんでした。何も考えず、鑑賞料を支払ってでも劇場でザ・ビートルズを聴きたい場合を除いて、楽しみ方が非常に限られる映画です。

『イェスタデイ』映画の評価と感想
最新情報をチェックしよう!